COMPUTER

VMware Server を Debian Etchで

先日、VMware ServerをDebian Etch (4.0)で動作させようと思い、インストールを行ってみました。
結果から言うと、やや面倒ですが、2,3点気をつければ問題なく動作します。
導入に関しては、以下のウェブページを参考にしました。
“How To Install VMware Server On Debian Sarge”
(導入した環境)
OS:Debian Etch 4.0 R0
kernel:linux 2.6.8-14
VMware Server: 1.0.2


(具体的な導入方法)
1.aptitudeコマンドを使用できる環境まで、セットアップを行う。手順に関しては割愛
2.aptitudeコマンドでVM導入に必要なパッケージ類をインストール

# install libx11-dev x-window-system-core x-window-system xspecs libxtst6 xlibs-dev

3.VM導入に必要なカーネルヘッダーのパッケージを導入する。
etchの場合、カーネルヘッダーのパッケージ名が以前から変更されてる。
linux-headersという名前になっているので、aptitudeを実行し、カーネルヘッダーのインストールを行う。

# aptitude install linux-headers

4.ダウンロードしたVMwareServerのアーカイブを適当なディレクトリに配置する。(ここでは/usr/local/src以下に配置)
5.アーカイブをunzipし、フォルダを展開する。
6.フォルダに含まれるVMのインストーラーを実行

# ./vmware-install.pl

7.インストーラーが実行される。質問がいくつかあるので、デフォルトで回答する。
8.以下の質問のみパスを変更する。

What is the location of the directory of C header files that match yourrunning kernel? [/usr/src/include]
   <-- /usr/src/linux-headers-2.6.18-4-686/include

9.インストールが完了する。
10.GUI管理ツールをインストールする。インストーラーを実行するだけで、問題なし。
という手順になります。ポイントは3、及び8の部分です。
それ以外は特に気をつける点はありません。
足りないバイナリがあるとエラーが出力された場合は、aptitudeでインストールを行ってください。

関連記事

  1. COMPUTER

    この記事は移転しました。

    この記事は移転しました。新しいURLはプロキシサーバー経由でフ…

  2. COMPUTER

    sendmailとspamassassin

    自分の中では終わったMTA sendmailしかし、何故か、今回、…

  3. COMPUTER

    bootcampの注意点

    私はiMacを仕事用として利用しています。OSXはUNIXライクな使…

  4. COMPUTER

    RHEL 5 への qmailインストール (PORT587)

    前回の続きです。すでに25番ポートで動作するqmailがインストー…

  5. COMPUTER

    RHEL 5 への qmailインストール (vpopmail)

    前回までに以下の手順を記載しました。・通常のqmail(port2…

  6. COMPUTER

    WLAE-AG300N とTime Capsule

    始めは、簡単に繋がると思っていた。製品のボックスにもそう書いて…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. BOOKS

    神の犬
  2. COMPUTER

    WLAE-AG300N とTime Capsule
  3. BOOKS

    失踪日記
  4. CINEMA

    The Texas Chainsaw Massacre: The Beginni…
  5. DOG

    Tomekichi2013
PAGE TOP