BOOKS

The Catcher in the Rye

キャッチャー・イン・ザ・ライ
サリンジャーの「ライ麦畑でつかまえて」を村上春樹が訳した本。
他の人が訳したバージョンは読んだことないんですが、これは完全に村上節。
きっと村上フリークは好きだろう。
中々、面白いんだけど、何故かそれほどペースが上がらない。困ったもんです。
やはり私には、ケッチャムのほうが合うようだ。(くどい)

関連記事

  1. BOOKS

    孤独のグルメ

    「孤独のグルメ」です。谷口ジローですよ。内容・絵、両方とも素晴らしいで…

  2. BOOKS

    自虐の詩

    このところ忙しくてblogを更新してる暇がありませんでした。金もな…

  3. BOOKS

    坊ちゃんの時代

    edit坊ちゃんの時代―凛冽たり近代なお生彩あり明治人関川 夏央双葉社…

  4. book_women

    BOOKS

    芋焼酎が呑みたくなるエッセイ

    伊丹十三のエッセイが、極めて好み。昔の文体が、そこはかとなくノスタ…

  5. BOOKS

    ECHO PARK

    いかん!これ、ほんまに面白い。editエコー・パーク(上) (…

  6. BOOKS

    エージェント6

    トム・ロブ・スミスのレオシリーズ、最終作。シリーズで一番エンタ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. DAILY

    サツキとメイの家
  2. book-sense-of-wonder

    BOOKS

    Sense of Wonder
  3. BIKE

    バイクのユーザー車検 3
  4. MMA

    UFC 112 INVINCIBLE
  5. MUSIC

    AFTER THE GOLD RUSH
PAGE TOP