BOOKS

男の作法

男の作法 (新潮文庫)
edit
男の作法 (新潮文庫)
池波 正太郎
新潮社
¥ 460 (定価)


告白します。私は池波正太郎の「仕掛人・藤枝梅安」が大好きなのです。
(鬼平犯科帳も好きですが)
どの辺りが一番好きかと言うと、梅安と相棒の彦さんが食事をするシーン。
妙に食事のシーンが多いんですよね。
読んでいると、ほんとに腹が減ってくる。
本書は「仕掛人・藤枝梅安」作者の池波正太郎が考える「男の作法」について、インタビューした内容を纏めたものです。
いろいろな「男の作法」が書かれているのですが、その中でも「食」について書かれた部分が非常に面白い。
池波正太郎の「食」に対するこだわりを知るためにも、かっこいい「男」になるための作法を知るためにも、興味が有る方は読んでみてください。

関連記事

  1. BOOKS

    無能の人

    つげ義春の漫画。つげ義春は「ねじ式」しか読んだことないんですが…

  2. book-the-road

    BOOKS

    コーマック・マッカーシー著 「ザ・ロード」を読む。

    コーマック・マッカーシーのザ・ロードを読んだ。世紀末的な世界を親子…

  3. BOOKS

    ワイルド・スワン

    読み終えました。大分前の本なんですが....むしろ、中国と…

  4. BOOKS

    空白の五マイル

    空白の五マイルを読んだ。大学の「探検部」に所属している著者が、…

  5. BOOKS

    最終目的地

    うん。これは凄くいい本。こういう本ってなんとなく、読んでいる途…

  6. BOOKS

    The Catcher in the Rye

    サリンジャーの「ライ麦畑でつかまえて」を村上春樹が訳した本。他…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. BOOKS

    楽園への疾走
  2. DOG

    A Letter from Tome 1
  3. BIKE

    バイクのユーザー車検 3
  4. WEAR

    Patagonia Lightweight Travel Pack
  5. FOOD

    伊勢エビカレー
PAGE TOP