BOOKS

Millennium 2

ちょっと前に読了。

ミレニアム2 上 火と戯れる女
edit
ミレニアム2 上 火と戯れる女
スティーグ・ラーソン
早川書房
¥ 1,700 (定価)


比較すると、1が本格ミステリー的な展開だったのと比較して、こちらはややアクションやバイオレンス風味が強い。
個人的には1のような話の展開を期待していたので、やや複雑な心境。
結論から言ってしまうと、中々面白いんですが、かなり強めのフェミニズムやリベラル色が随所に見られ、それがやたらと鼻につく。
あと、リスベットがやや超人的に成りすぎているのが、どうなのかな?というところ。
ここまで強くする必要あんのかな?
ちなみに話は1と異なり、3へ続いている形になっているので、3を読む前に必ず2を読んでおかないと話がわからなくなります。

関連記事

  1. BOOKS

    最終目的地

    うん。これは凄くいい本。こういう本ってなんとなく、読んでいる途…

  2. BOOKS

    楽園への疾走

    edit楽園への疾走 (海外文学セレクション)J・G・バラード東京創元…

  3. BOOKS

    THE LAST CHILD

    今、読んでいるところです。editラスト・チャイルド (ハヤカワ・…

  4. BOOKS

    ジョン・ハート キングの死

    このところお気に入りの作家、ジョン・ハートの「キングの死」edit…

  5. BOOKS

    エンディミオン

    ダン・シモンズの傑作SF「ハイペリオン」の続編。前作「ハイペリ…

  6. BOOKS

    OFF SEASON

    うう、またやってしまった。鬼畜系作家(とどっかに書かれていた)…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. COMPUTER

    この記事は移転しました。
  2. r2

    WEAR

    Patagoniaに絶対的な信頼を置く理由 R2 Fleece
  3. MOBILE

    iphone wifi不具合
  4. SHOES

    New Balance MR993
  5. WEAR

    Red Wing Engineer Boots
PAGE TOP