BIKE

マニホールドシールの交換

スポーツスター、相も変わらず調子が良くないんです。
走り出しからしばらく、くしゃみが酷い。
とくに信号待ちから、右折、左折などをすると、止まってしまうんではないかというぐらいクシャミをする。
怖くて中々、乗れません。
プラグを見ても、やっぱり白いので、二次エアーを吸い込んでいるかテストしてみました。
アイドリングをして、しばらくしたあと、マニホールド近くにぷしっと、パーツクリーナーを吹いてみる。
途端にエンジンが止まりました。。
どうも古いスポーツスターは、マニホールドシールが劣化して、二次エアーを吸い込むことが多いようです。私のスポーツスターは2000年式なので、それほど古くありませんが、症状としては同じでした。
まず、マニホールドシールを交換して様子を見ることにします。
マニホールドシールは以前、ネットでちらっとみた、jamesの強化シールがよさげだったので、これに交換することにします。
作業をする前に、ネットで交換方法を調べてみるが、共通して書かれているのが、マニホールドを止めているフランジボルトが異常に硬い、さらに場所が悪くて回しにくいという内容でした。
これは専用の工具が有るみたいなので、これも併せて注文することにします。


北川商会に、マニホールドシールと、先がボールになっているレンチを注文しました。
何日かで届いたので、早速作業を開始。
作業は主に休日の早朝です。休日のお昼は子供の時間になってますので。。
まず、エアクリーナーを外します。
次にキャブレターを外すため、燃料コックをOFFにし、アクセルワイヤーに遊びを作り、エンリッチナーと、燃料コック側のオイルラインを取り外します。
キャブ側の負圧ホースを取り外して、軽く手前に引くと、キャブレターは簡単に取り外せます。(ノーマルのCVキャブです。)
この状態だと、キャブとアクセルワイヤーがつながってますが、マニホールドを取り外す作業はこのまま出来ますので、キャブはぶら下げておきます。
マニホールドのフランジボルトにアクセスできる状態になったら、北川商会で購入したボールレンチを使用して、フランジボルトをゆるめていきます。
しかし、ここで問題発生。ある程度、解っていたことですが、フランジボルトが全くゆるむ気配がありません。恐ろしいぐらいの硬さ。
予想以上の硬さに、難儀していましたが、ボールレンチをhexのヘッドに交換して、漏らしそう(もしくはちびりそう)なぐらいに力をいれると、何とかボルトが動きました。。
3つまでは何とか緩めることが出来たんですが、プライマリのキャブ側にあるボルトがどうやっても外れません。
hexが入らないので、ボールでぐりぐりやっていたら、結構舐めてしまいました。
このままだと、取り返しの付かないことになりそうな雰囲気だったので、CRCを吹いて、その日は元通りに組み付けました。
実は北川商会のサイトをみていた時、一番最初にボルトを外す場合、異常に硬くしまっているので、ボールレンチではなく、別の道具を使って下さいと記載が有ったのを何となく記憶してました。このままではボルトを取ることは難しそうなので、そちらの道具を購入することにしました。
まさか、ここまでコチコチだとは思ってなかった。。
ショートネック、ボールレンチという商品名だったと思いますが、追加で注文してしばらく待つこと、何日か。(ちょっと心配だったので、パワーハンドルという商品も注文)
到着しましたので、早速作業を開始。
一番のネックだったプライマリのキャブ側にあるフランジボルトを緩めます。
ぐにゃっという、いやな感触があったのですが、無事、外れました。
最初から、これを使えばよかった。
このフランジボルトはかなり舐めてしまったので、ディーラーで新しいモノを購入することにします。
ディーラーに行ってフランジボルトを一つ \525で購入し、帰宅。
この時点でタイムアップです。
続きます。

関連記事

  1. BIKE

    バイクのユーザー車検 3

    実際にユーザー車検に行くところから続きます。ユーザー車検は朝一番に予…

  2. BIKE

    バイクの車検

    最近、いい天気がつづいているが、全く単車に乗ることができないでいる。…

  3. BIKE

    バイクのユーザー車検 1

    3月から切れていたバイクの車検を行うべく、ユーザー車検にいってきました…

  4. BIKE

    L字ジョイントの交換

    スポーツスターのエンジンストールについて以前、書きましたが、その対策と…

  5. BIKE

    車検受けました

    ついに単車の車検を受けました。基本的には以前と同様の手順で完了。寒か…

  6. BIKE

    久々の単車

    こんだけ暑いと、単車に乗るのはしんどい。しかし、暑いときこそ、我が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. CINEMA

    アンジェラの灰
  2. soy-souce-bottle

    DAILY

    大江憲一さんの醤油差し
  3. BIKE

    Charge Bikes PLUG
  4. r2

    WEAR

    Patagoniaに絶対的な信頼を置く理由 R2 Fleece
  5. BIKE

    Charge Bikes PLUG
PAGE TOP