Kay-Bojesen

DAILY

Kay Bojesen(カイボイスン)のカトラリー

Kay-Bojesen
家のカトラリー(フォークとかスプーン)がなんだかよくわからない状態になっていたので、整理してみました。
でてくる、でてくる。よく使うものから、こんなのあったか?というものまで。
うーん、中々に凄い数。
数もさることながら、じっくりと眺めてみると傷だらけで、いかにも可哀想な雰囲気のものばかり。
こういう状況を見ると駄目なんです。
こう、ざーっと綺麗に整頓されていて、美しいカトラリーがキラキラと光っている。
そんなイメージを頭の中で描いてしまう。
こうなると、カトラリーを購入せずにはいられない私。


ふっと頭をよぎるのが、天白区のcarafeで見た、GENSEのカトラリー。
確か置いてあったのは、FOLKE DE LUXEというシリーズ(ネットで調べる限り)
あれは良かった。うん。
でも、ちょっとまて。
柄の部分が黒だったような記憶がある。ややデザインも入っていたような。
毎日(に近いぐらい)使うモノなので、できればシンプルなルックスが良い。
ううっ、私はなんとコンサバティブ(保守的)なのだ。
すぎちゃん風に言うと「コンサバだろうぅぅ~」という感じかな。
これ、ええんとちゃう。結構使えるかも。
などと、しょうもないことを考えつつ、他のも探してみることに。
色々と検討した結果、今回はデンマークのデザイナー、カイボイスンのカトラリーにしました。
ミラノ芸術展 最優秀賞受賞(でも大分前の話みたいです。) したことから付いたシリーズ名「グランプリ」に。
兎に角シンプルで美しいのが決めた理由。
まずは試しに、ディナースプーン・ディナーフォーク・デザートスプーン・デザートフォークの組み合わせを購入。
届いてびっくり、ディナーフォークとディナースプーン、非常~に大きいっ!
通常、大人が食事で使うのであれば、デザートフォークとスプーンでよさそう。
子供達にデザートを使わせる予定だったのに、これでは大きい過ぎる。
でも、そんなことを忘れさせる美しさで、しばしうっとりとした私なのでした。

関連記事

  1. soy-souce-bottle

    DAILY

    大江憲一さんの醤油差し

    意外と盲点なんですよね。食卓での醤油差しの立ち位置。ほぼ毎日使…

  2. DAILY

    キントキ

    指が痛い。なぜか?原因はキントキ。キントキと言っても小豆と…

  3. porlex-coffee-mill

    DAILY

    ポーレックスのコーヒーミルで豆を挽く

    コーヒーの香りが大好きなのです。日によって、缶コーヒーを何本も空け…

  4. DAILY

    グラス

    ビールを飲む。とにかくほぼ、毎日ビールを飲む。その際、重要なことは缶ビ…

  5. mishima-chawan

    DAILY

    毎食を少し楽しくする。三島手の飯椀

    最近、ご飯をよく食べます。鍋でご飯を炊くようになってから、本当…

  6. aritsugu-knife

    DAILY

    有次の包丁で料理をする

    最近、良く料理をします。頭の体操を兼ねて、朝から料理をするんですが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. book-the-road

    BOOKS

    コーマック・マッカーシー著 「ザ・ロード」を読む。
  2. BOOKS

    Millennium 2
  3. COMPUTER

    VMware Server を Debian Etchで
  4. BOOKS

    かっこいいスキヤキ
  5. SHOES

    シューズグッズ
PAGE TOP