climber-retsuden

BOOKS

山へ行くときに読みたい山岳モノ

climber-retsuden
山登りはひどく、男くさい。
何故、そういうイメージかと言うと、恐らく本のせい。
男くさい山の本を好んで読むせいだ。
僕は今のところ、山登りはしていない。
自分では山登りはしないが、山登りに関する書籍を読むのは大好きだったりする。

8000メートル級のジャイアンツと呼ばれる山々を登頂していく男達の話。
これだけで十分にワクワクでしょう。
今回は今までに読んだ中で、特に心を惹かれた山登りの本を紹介しようと思う。
両方とも漫画ですが、漫画という枠を大きく超えた本です。

まず村上もとかの「岳人列伝」


ここ最近の村上もとかはあまり好きではないのだが、これだけは別物。
とにかく、どの話も密度が濃い。
人間と山との関係性を、これだけの短い話に詰め込むことが出来るというのは、筆者の山への思いが相当強いんだと、勝手に想像する。
これは短編集なので、時間の無いときでも読むことができる(けど時間を掛けて読むことをお薦め)。

もう一冊は夢枕獏+谷口ジローの「神々の山嶺」


話もいいけど、谷口ジローの圧倒的画力で書ききる山がとにかく圧巻。
原作が小説なので、漫画が苦手な人には、小説を読むこともできます。
勿論、僕的にはこの漫画版がお薦め。
まだ見たことがないヒマラヤを垣間見ることが出来る、貴重な漫画だと思います。

関連記事

  1. popeye-201511

    BOOKS

    POPEYE 2014年11月号 大人になるには?

    POPEYE(雑誌のほうね)が良い。服に関連する雑誌って、この…

  2. BOOKS

    男の作法

    edit男の作法 (新潮文庫)池波 正太郎新潮社¥ 460…

  3. BOOKS

    火山のふもとで

    edit火山のふもとで松家 仁之新潮社¥ 1,995(定価…

  4. BOOKS

    OFF SEASON

    うう、またやってしまった。鬼畜系作家(とどっかに書かれていた)…

  5. BOOKS

    最終目的地

    うん。これは凄くいい本。こういう本ってなんとなく、読んでいる途…

  6. BOOKS

    孤独のグルメ

    「孤独のグルメ」です。谷口ジローですよ。内容・絵、両方とも素晴らしいで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. WEAR

    FALKE INVISIBLE FAMILY STEP
  2. BOOKS

    坊ちゃんの時代
  3. FOOD

    伊勢エビカレー
  4. FOOD

    麻婆豆腐を作る
  5. BOOKS

    孤独のグルメ
PAGE TOP