DOG

手術 1

先日(といっても去年です)、我が家のフレンチに異変が起こりました。足の大腿部にぽっこりとしたふくらみが出来ているんです。(♂の方)
ま、しばらく様子をみようと、ほっておいたところますます大きくなっていきます。
これはいかんと、いきつけの動物病院に連れて行き。。。


見て貰ったところ、これは恐らく腫瘍だろうとのこと。
というのも、触ったら通常のできものの場合、皮膚に出来ているのが分かるが、これは筋肉のあたりからふくらんでいるので、皮膚にできるようなものではないとのこと。
がーんとショックをうけたが、頭を切り換えて、今後の対応を説明して貰ったところによると
①抗生物質を投与して1週間程度様子を見る。その後、好転しないようであれば、手術
②手術は麻酔が必要になる。フレンチのような鼻が短い種類は麻酔が難しいとのこと。
③手術を行い、病巣を取り除いた後、良性と悪性を判断するのに臨床的な検査を行う。
(良性は脂肪種など、取り除くことによって問題がなくなるもの。悪性は癌など。取り除いてもその後、継続的な対処が必要になる。)
その結果が出るのに2週間程度かかる。
とのこと。
とりあえず、①の抗生物質を投与するところから始めることになりました。
(続く)

関連記事

  1. DOG

    去勢

    家のフレンチブル”留吉”ですが、この度、去勢を行いました。個人的には…

  2. DOG

    をれや

    よっ!をれや。ひさしぶりやな。こんな暑い日(写真撮ったときは30度…

  3. DOG

    留吉のある一日

    留吉(♂ フレンチブルドッグ 2years old)のある一日を再現…

  4. DOG

    をれ

    よっ!またまたをれや。をれこと留(フレンチブル 5year old)…

  5. DOG

    イヴォンヌ

    あたちはあまりクローズアップされていないからここでしっかり主張してお…

  6. DOG

    連続写真

    今朝、TVをつけるとみのもんたが中国の偽装肉まんについて、ちょっとおと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. CINEMA

    ハゲタカ
  2. BOOKS

    新宿遊牧民
  3. kleanKanteen

    DAILY

    Klean Kanteen INSULATED
  4. BOOKS

    単独行者 新・加藤文太郎伝
  5. DOG

    プロメテウス
PAGE TOP